顔汗 ボトックス|しわとりに有効なボトックス注射が多汗症治療にも効く!

シワとりなど美容整形で行なわれるボトックスが顔汗治療にも有効!

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)といえば、顔のしわをとったり、エラの張りを抑える美容整形の手法として有名ですよね。

 

食中毒の原因ともなるボツリヌス菌の毒性を取り除いた無害な量を皮膚に注入することにより、神経の末端から分泌される神経伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑制します。

 

このアセチルコリンには、発汗を促す作用もあるため、汗の多い部分に注射をすれば、神経をブロックして汗を減らすことが可能になるのです。

 

ボトックス

 

こうしたボトックス注射は狭い部分の多汗症対策に適しているので、脇汗や手汗、足の裏の多汗症治療に用いられることが多いですね。

 

また顔汗の場合は、額の汗を抑えるために使われるのが一般的です。

 

 

筋肉に注射するのではなく、皮膚に注射することで、皮膚の浅い部位にあるエクリン汗腺に作用し、汗の量を格段に減らすことができるしくみです。

 

ボトックス

 

顔汗を抑えるボトックス注射の効果とは?

ボトックス注射は、ダウンタイムのない治療方法としてとても人気が高く、施術時間もわずか5〜10分程度。
顔に注射する場合は、痛みを感じることもあるので、麻酔クリームを使用するクリニックもあるといわれています。

 

効果の面では個人差がありますが、注射後およそ2〜3日頃(遅くとも1週間くらい)から汗が減るようになり、持続期間は半年ほどとされています。

josei

 

中には、一度のボトックス注射で顔の多汗が解消される人もいらっしゃるようですが、多くの人は効果が薄れるたびに繰り返し注射を行なうことになります。

 

 

しかし、繰り返し注射を行うことでエクリン汗腺が徐々に萎縮し、持続期間が長くなったり、効果が倍増していくとのことですので、半年後に全く元の状態に戻るということではなさそうですね(#^.^#)

 

ボトックス注射を受ける際に注意したいこと

このボトックス注射は、妊娠中の胎児への安全性や授乳中の乳児への安全性が100%確保されていないという理由から、妊活中・妊娠中・授乳中の人は受けられません。

 

特に気をつけなければならないのは、妊活中の人ですが、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊するようにとされています。

 

 

同様に男性に関しても、ボトックス(ボツリヌストキシン)を投与してすぐに女性を妊娠させて、胎児に影響があるのかないのかを調べた人体実験の治験データはないとのことですので、投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月は避妊するようにという指導がなされていますね。

 

josei

 

上記以外で気をつけたい点といえば、注射を受けた当日の入浴や運動についてです。
腫れや内出血を避けるためにも次のことはできるだけ避けましょう。

 

  • 熱い湯に長時間浸かる
  • サウナに入ったり岩盤浴を行なう
  • ランニング・エアロビクスなど運動を行なう
  • 激しい筋力トレーニングを行なう

 

これらはいずれも全身の血行を良くする行為です。
ボトックス注射は極細の針で施術が行なわれているとはいえ、注射針で注入が行なわれているわけですから、血行が良くなると針で刺した部分が腫れたり内出血を起こしたりするようです。

 

こうした事態を避けるためにも、せめて注射を受けた当日くらいは安静に過ごしたいですね(^^;)

 

ボトックスによる顔汗治療 その費用は?

では、こうしたボトックス注射を受けるにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

 

実は、顔汗治療については、保険適用がなされないため全額自己負担となります。
脇の多汗症については、2012年の11月から保険適用が認められましたが、顔汗については認められていません。

 

なので、顔にボトックス注射を打つ場合は、結構高額になることを覚悟しなければいけませんね(>_<)

 

具体的な額については、施術を行なうクリニックで多少異なりますが、相場的に1回につき10万円前後はするものと理解しておきましょう。

 

josei

 

顔汗の切らない多汗症治療には、ボトックス注射の他に抗不安剤や抗うつ剤などの薬物治療がありますが、薬物治療は吐き気などの副作用が伴うほか、飲み続けていると効かなくなって薬の量と種類がどんどん増え、薬が切れると余計に不安になるというリバウンドがあるようです。

 

効果も安全性の面でも、やはり真っ先に選ぶべきはボトックス・ボツリヌストキシン注射となりますね。

 

 

ゆえに、まず顔汗用制汗剤「サラフェ+」を試していただき、それでは対応しきれないようでしたら、クリニックでボトックス注射をご検討くださいませ。