顔汗 緊張|精神性発汗を対策する方法は緊張を和らげること!

精神性発汗による顔汗は少なくすることができる!?

多汗症の人もそうでない人も等しく、汗をかいてしまう原因といえば、次の3通りが考えられます。

 

  1. 温熱性発汗・・・暑いときや運動をした場合、また発熱時に体温が上がり過ぎないよう調節するためにかくく汗
  2. 精神性発汗・・・人前で緊張したり慌てたりした場合にかく汗
  3. 味覚性発汗・・・辛い物や熱いものなど刺激物を食べたときにかく汗

 

これらは全て、共通してにエクリン腺という全身に分布される汗腺から分泌される汗で、基本的には水のようにサラサラとしています。
顔汗もこのエクリン腺からの汗ですね。

 

一方、汗腺にはもう一つ、アポクリン腺という汗腺があるのですが、こちらは脇の下や性器周りなど毛が密集する部分にのみ存在する汗腺で、汗の成分に資質やたんぱく質などが含まれるため少し白濁して粘り気を含んでいます。
上記の発汗も見られますが、主に性的な興奮時に汗が分泌するといわれていますので、顔汗とは区別されるものですね。

 

脇汗

 

しかし、同じエクリン腺からの汗とはいえ、発汗原因から見た場合、上記の3つの発汗は微妙に種類が異なります。

 

どういうことかというと、温熱性発汗と味覚性発汗は自分の意思とは無関係に反射的に(自律神経の作用で)分泌されるものですが、精神性発汗は緊張型発汗ともいわれるものであり、心の持ち方によって汗の量が左右されます

 

大勢の人の前で話さなければならない時や失敗が許されない状況の時など緊張が激しい場面では、いつも以上に多くダラダラ止めどなく流れたりするんですよね(>_<)

 

ということは逆に言えば、緊張を和らげることができたら、それほど汗をかかずに済むということ。
つまり、精神性発汗による顔汗は、心の持ち方次第で少なくすることもできるのです!

 

緊張による顔汗を少なくする方法とは?

緊張による発汗=精神性発汗を少なくする方法は、ズバリ、緊張を緩めることです。

 

とはいえ、人前で話すことが苦手な人にその場面で「緊張するな」というのは、ちょっと無理な話ですよね(^^;)

 

 

しかし、緊張からいつも以上に多くの汗をかいてしまう原因の一番大きなものは、「ただでさえ多い顔汗が緊張によって一層多くなってしまうことを心配すること」にあります。

 

  • 一人だけこんなにたくさんの顔汗をかいてしまって恥ずかしい!
  • 「あの人、滝のように顔から汗をかいて変なの」と思われているんじゃないかしら?
  • 化粧が顔汗で落ちてしまってみっともないことになっているんじゃないかしら?

 

こんな風に思う心が、一層発汗を促し、汗の量を多くしてしまっているのです(>_<)

 

josei

 

こんな時は、一時的でも良いので、顔汗をかかずにすむ対策をとってあげましょう!

 

何らかの効果的な対策をとっていれば、その安心感から精神性発汗は抑えられるのです。

 

それには、顔汗を止めるツボでご紹介したように、舞妓さんのように胸元をギュッと縛る方法をとれば、簡単に一時的に顔汗をかかないようにすることができます(#^.^#)

 

汗止め帯

 

しかし、緊張する場面で胸元を縛ると、気分が悪くなってしまうことがあります(>_<)
ただでさえ緊張して息苦しくなっているところに、胸元を縛ることでリラックスする余地がなくなり、自律神経に支障をきたして具合が悪くなる場合があるんですね。。。

 

故に、顔汗を止める方法としては、即効性の高い顔汗用制汗ジェル「サラフェ+」を活用するのがベストです!

 

サラフェプラス

 

「サラフェプラス」なら胸元への締め付けで気分が悪くなるようなことはありませんし、効果の持続時間は汗止め帯より長いので、安心して数時間でも過ごすことができますね(#^.^#)

 

 

こうした備えこそが、精神性発汗を抑えるのに有効な手段となります。

 

無理のない汗止め方法として、ぜひご活用になって下さいね(#^.^#)

 

 

button

即効性かつ効果の持続時間を求めるならば顔汗用制汗ジェル「サラフェプラス」!

 

顔汗予防にサラフェ+