妊娠 顔汗|妊婦は顔汗が出やすい!?その原因と対策は?

私たち女性は、妊娠中に様々な体の変化を経験します。

 

主なものとしては、食べ物の好みが変わったり、涙もろくなったり、毛深くなったり、黒ずみができてしまったり・・・
個人差があるので一概に言えませんが、多くの人が「妊娠前と妊娠後では変わったところがある」と実感されていますね。

 

妊娠

 

その中の一つが、発汗
妊娠すると、汗の量が多くなり、体だけでなく、顔や頭からもたくさんの汗をかくようになります。

 

これはどうしてなのでしょうか?
妊娠中の汗の原因と対策について考えてみたいと思います(#^.^#)

 

妊娠中の多汗は何が原因?

妊婦さんは、体でいえば特に胸周り、そして顔や頭にたくさん汗をかきますが、これにはきちんと理由があります。

 

 

ホルモン分泌の作用で基礎体温が上昇するから

妊娠には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが大きくかかわりますが、このうち妊娠を維持継続させる働きのあるプロゲステロンには、基礎体温を上昇させる効果があります。

 

故に、妊娠初期にはプロゲステロンが多く分泌されることから、体温が上昇。
これによって、体が熱っぽくまたは暑く感じたり、汗をたくさんかいてしまったりするのです。

 

 

乳腺の発達によって血流が改善されるから

また、妊娠すると母乳を出すために乳腺が発達します。
この影響で乳腺周辺の血液の循環が活発になり、妊娠中は胸や顔に汗をかきやすくなりますね。

 

 

赤ちゃんを守るために体が脂肪を蓄えるから

さらに、妊娠後期になると、今度は赤ちゃんを守ろうと体が脂肪を蓄えるため、体温が上昇して汗をかきやすくなります。

 

それに赤ちゃんの体温は大人よりも高めです。
母体の体温が上昇する理由には、この赤ちゃんの体温が影響しているという説もありますね。

 

また、妊娠後期には新陳代謝が活発になることも汗を増やす原因と考えられています。

 

妊娠

 

このように、妊婦さんが汗かきになるのは当然のこと。
特に発汗機能に異常があるわけではないので、気にし過ぎることなくゆったりとした気分で過ごすようにして下さいね(#^.^#)

 

妊娠中の顔汗対策はどうする?

では、上記のような発汗に対して、どのように対策したらよいのでしょうか?

 

それは、ズバリ、汗をかいたら拭く、若しくは速やかに着替える・・・です。

 

 

既にご説明したように、妊娠中に汗を多くかくことは極めて自然なこと。

 

だから、汗をかいたら柔らかいタオルでそっと押さえるように(ゴシゴシ拭いて肌に刺激を与えないように)汗を拭き、こまめに着替えるようにして下さい(#^.^#)

 

市販の制汗剤などはあまり安易に使用しない方がいいですね。

 

docter

 

こうした対策をとるには理由があります。
それは・・・

 

  • 妊娠中は肌がデリケートになりがちなので、ヘタに制汗剤などを塗ってかぶれたりして薬を塗るようなことになりたくない
  • 妊娠中はサプリメントなどは極力飲みたくない

 

だから、汗をかいたらそっと拭いたり、体が冷えないようにこまめに着替えたりといった対策で過ごしていただきたいのです(#^.^#)

 

 

そして、大事な外出などでどうしても顔汗を何とかしたいときは、本当に肌に低刺激な良質な制汗剤をきちんと選んで塗って下さい。

 

それには、当サイトでもイチオシでおすすめしている顔用制汗剤「サラフェ+」なら敏感肌にも問題なく使用できる低刺激処方で作られているので安心ですよ♪

 

サラフェ+

 

>>>顔汗予防にサラフェ+