顔汗 臭い|臭わないはずの顔汗が臭うその理由とは?

顔汗は普通は臭わないはず・・・

私たち人間がかく汗には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺が関係しています。
そして、これらの汗腺は存在する場所が異なるだけでなく、、汗に含まれる成分も違えば、かく原因もそれぞれ異なるのです。

 

○エクリン腺

  • 全身に分布する汗腺であり、顔汗・頭汗・手汗・足汗の分泌源はエクリン腺
  • 主に体温調節のために分泌される
  • 成分のほとんどが水分であり、サラサラとした無色透明な汗

 

○アポクリン腺

  • 脇の下や性器周り、耳の中など毛が密集する部分に存在する汗腺
  • 性的な興奮や刺激によって分泌される
  • 汗の成分にはタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれ、少し粘り気のある白濁した汗

 

docter

このような違いがあるものの、汗自体はどちらも無臭です。

 

ただ、アポクリン腺の汗は成分にタンパク質や脂質などを含んでいるため、時間の経過とともに変質してニオイが発するのと、細菌が繁殖しやすいことから細菌に分解されることで強烈なニオイを発してしまうのです。

 

これが、いわゆるワキガですね(>_<)

 

ということは、顔汗も本来は無臭です。
まして、顔から出る汗はエクリン腺から分泌される汗なので、成分の99%以上が水ということで、細菌が繁殖さえしなければ臭いを発することはないのです。

 

顔汗が臭うのは悪い汗の場合

しかし、普段臭わないはずの顔汗も場合によっては臭う場合があります(゚д゚)!
これは、先に述べた通り、最近が繁殖し分解してしまうから。

 

 

では、なぜ成分の99%が水のはずのエクリン腺の汗に細菌が繁殖してしまうのでしょうか?

 

女性

 

顔汗に細菌が繁殖してしまう理由、それはズバリ、悪い汗をかいてしまっているからです(>_<)

 

そう、たとえエクリン腺からの汗であっても、顔汗には良い汗と悪い汗というものがあるのです。

 

悪い汗とは栄養分の再吸収が行なわれていない汗のこと

 

docter

 

通常、体温調節のためにかく汗は、血液中の血漿という液体が汗として準備されるのですが、そのまま分泌してしまってはミネラルなど身体に必要な栄養分まで出て行ってしまうため、汗腺の機能によって栄養分が体に再吸収されるようにできています。

 

この汗腺の機能によって、エクリン腺の汗腺は、成分の99%以上が水になるわけですね。

 

 

しかし、運動不足の人やエアコンの効いた室内で過ごす生活習慣を送っている人は、汗をかきなれていないため、汗腺の機能が退化してしまい、栄養分をうまく再吸収することができなくなっています。

 

その為、ミネラルなどの栄養分が汗の中に入り込んで出て行ってしまい、サラサラの水のような汗ではなく、ベタついた汗になってしまいます(>_<)

 

だから、アポクリン腺の汗と同様に細菌が繁殖しやすく、臭いも発してしまうのです。

 

これが、いわゆる「悪い汗」と呼ばれるものですね。

 

女性

 

また、このような悪い汗は、水のようにすぐに蒸発してくれないので、いつまでも肌表面に残りベタベタと不快な上に、化粧崩れも引き起こしてしまいます。。。

 

このような汗をかき始めたら、「あ、自分は汗腺の機能が低下しているんだな」と意識し、少しでも運動を取り入れるなど生活習慣を見直してみて下さいね(^^;)

 

 

因みに、悪い汗に限らず、汗と同時に皮脂が過剰に分泌されているときも化粧崩れを起こしやすくなっています。

 

こういった場合は、顔汗 テカリで詳しくご紹介しているように、ファンデーションの下に塗る化粧下地をオイルブロックタイプに変えると皮脂が抑えられ化粧崩れが解消されますので、ぜひ試してみて下さいね(#^.^#)

 

 

button

プロのメイクアップアーティストも愛用の逸品!

 

シルキーカバーオイルブロック