顔汗 食べ物|発汗量を増やす食べ物と汗を減らしてくれる食べ物をチェックして生活に役立てよう!

食べ物によって顔汗が増えるって・・・

普段の食生活の中で、「これを食べるとなぜか汗が出る」という食べ物ってありませんか?
通常から汗が多めの人も「これは特に発汗量が増えるな」という食べ物・・・

 

一般的には辛いものがそうですよね。

 

辛い

 

実はこれ、味覚性発汗と呼ばれる生理的現象で当たり前のことなんです。

 

香辛料が効いた辛いものを食べると、額や鼻、頭を中心に汗が噴き出してしまう・・・
人によって、その度合いには差がありますが、いずれも正常な反応。
交感神経が刺激されることよって普段以上に、また汗をかかなくていい箇所にまで汗をかいてしまうのです。

 

女性

この精神性発汗は、辛い食べ物が一番ポピュラーですが、人によっては酸っぱい食べ物や甘い食べ物でも起こることがあります。

 

故に、汗をかきたくない場面では、こうした食べ物は避けた方がいいですね(#^.^#)

 

 

顔汗など発汗量を抑えてくれる食べ物にはこんなものがあった!

一方、発汗量を抑える食べ物というのも存在します。
例えば、どんな食べ物かというと・・・

 

  • 大豆製品(豆腐、納豆、豆乳など)
  • ハーブ(ラベンダー、ローズ、ジャスミンなど)
  • クールベジタブル(きゅうり、トマト、ナス、ゴーヤーなど)

 

 

どうしてこれらの食べ物を食べると発汗が抑えられるのでしょうか?
もう少し細かくみていきましょう。

 

 

大豆製品(豆腐、納豆、豆乳など)

大豆に含まれる主な栄養素といえばイソフラボンですが、このイソフラボンにはホルモンバランスの調整作用があるため、多汗症の治療に効果的といわれています。

 

というのも、多汗症の原因の一つにホルモンバランスの乱れがあるからです。
更年期の女性にホットフラッシュや発汗異常が起こるのはこのためですね。

 

大豆

 

また、女性より男性に多汗症が多いことからもお分かりの通り、男性ホルモンが多いほど発汗量が多くなることが判明しています。

 

故に、女性も男性も体内で女性ホルモン「エストロゲン」様の働きをする大豆製品を多く摂ることで、発汗量が抑えられると考えられています。

 

 

ハーブ(ラベンダー、ローズ、ジャスミンなど)

次に、汗を抑えるものとしてリラックス=副交感神経を優位にする効果のあるハーブも取り入れるといいそうです。
ラベンダーやローズ、ジャスミンなどですね。

 

ハーブティー

 

ハーブティーを飲んだり、入浴剤やアロマオイルで香りを楽しむのもOKだそうですよ♪

 

 

クールベジタブル(きゅうり、トマト、ナス、ゴーヤーなど)

また、クールベジタブルといわれる体を冷やす野菜も発汗を押させるのに効果的です。
なぜなら、これらの野菜には体内の余分な熱を逃してくれるカリウムが多く含まれているからです。

 

夏野菜

 

なので、トマトやきゅうり、ナス、ゴーヤーといった定番の夏野菜を積極的に食べるようにすると、徐々にではありますが、体内の熱の放射が促進され異常な顔汗が緩和されてくるようです。

 

ぜひ食卓に取り入れてみて下さいね(#^.^#)

 

 

 

以上、発汗量を抑える食べ物についてご紹介してきましたが、これらの必要成分をすべて盛り込んだサプリが、当サイトでおすすめしている「アセカラット」です♪

 

アセカラット

 

アセカラット

 

女性

アセカラットには以下のような成分が高濃度で配合されているため、1日5粒を目安に服用を続けると、効き目は緩やかにですが汗を異常なほどかくことがなくなってきます。

 

体内の熱をうまく外に放出し貯めこまないよう、またリラックスすることで精神性発汗を引き起こさないよう、体質を改善の方向に導いてくれるのです(*^^)v

 

  1. 体内の熱をうまく体外に放出するためのミネラル「カリウム」を補って熱が体内にこもらないようにする
  2. 汗を抑える働きをする女性ホルモンを「プエラリアミリフィカ」で補う
  3. 天然リラックス成分「GABA」を補充しストレスや緊張からくる汗を抑える

 

いかがですか?
先にご紹介した発汗量を減らす食べ物の成分が見事に含まれているでしょ?

 

上記の野菜が苦手な方、また食べ物より速やかに体質の改善を図りたい方はぜひ、この「アセカラット」というサプリをチェックなさってみて下さい(#^.^#)

 

 

button

汗のことを知り尽くしたプロが開発したインナーケアサプリ!

 

汗の悩みを体の内側から解決するサプリメント「アセカラット」